納骨堂.column

納骨堂や葬儀・仏壇に関する情報を掲載しております。「納骨堂とはどんなもの?」「何を基準で納骨堂を選ぶべき?」「永代供養墓、樹木葬(樹林墓地)、散骨とは?」「通夜・告別式のマナー?」「仏壇の種類?」など、皆様の疑問にお答えいたします。

column

納骨堂の永代供養の
期間について

お墓・仏壇の税金について

永代供養とは、寺院が永代にわたり供養する事をいう。納骨堂を利用した場合もそれは同様で、一定期間永代供養されたお骨は後に合祀墓に移されることが殆どです。

永代供養とは何か

永代供養とは、寺院や霊園が永代に渡りお墓を管理、供養してくれるシステムのことを指します。こういったお墓のことを永代供養墓と呼びますが、近年では納骨堂の利用者が多く、従来の永代供養墓とは違った様相を見せてきています。永代供養に関しての勘違いで多いことが、供養、管理期間です。永代なので未来永劫やってくれるのだろう、と考えてしまう方もいますが、実際にはそんなことはありません。あくまで一定期間の管理供養なので、決して永遠ということはありません。これをまず覚えておきましょう。

一定期間を過ぎた後

一定期間の供養、管理をされた後、お骨は一体どこへいってしまうのか、という疑問もあるでしょう。一定期間を過ぎたお骨は合祀墓と呼ばれるお墓に入れられます。こうすることで、無縁墓となるリスクを回避しているのです。

施設による期間の違い

納骨堂を利用して永代供養を申し込むと、どれくらいの期間永代供養をしてくれるのか、という疑問を持つ人も少なくないでしょう。納骨堂によりますが、33回忌など一定の期間を設け、その後合祀墓にお骨を移し供養することが多いようです。この期間は納骨堂によって違いがあると思いますから、利用の前にはしっかりと確認するべきでしょう。 合祀墓や合祀塔に移されてからはそこで供養されますが、契約の内容によって命日や彼岸の法要を行うこともあります。いずれにせよ期間はまちまちなので、これも利用前に説明を詳しく聞いておく必要があります。

永代供養料

納骨堂を利用し、永代供養をお願いする際には永代供養料を支払う必要があります。この費用を支払い続ける限り施設側が永代供養を行ってくれますが、前述したように33回忌など一定期間が過ぎてからは合祀墓や合祀塔にお骨は移されてしまいます。 どの程度の永代供養料を支払うのかは納骨堂によってまちまちなので、ここも契約時にはしっかりと確認するようにしましょう。近年の納骨堂では様々なプランを設けているところが多く、永代供養込みでリーズナブルな料金プランを用意しているところもあります。

しっかりと理解する

永代供養をして貰うと、最終的には合祀墓や合祀塔へお骨が移されるため、手元にお骨が返ってくることはありません。ここをしっかりと理解して永代供養を依頼するようにしなくてはなりません。また、そこに大切なお骨が眠っていることを示すため、合祀墓や塔に名前を彫ることが可能なこともあります。別途料金が必要となるケースもあれば、最初の費用に含まれていることもあるので要確認です。いずれにせよ、大切なお骨を預かって貰い永代供養して貰うのですから、利用申し込みには慎重を期すべきです。費用や期間も含め、総合的に判断しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▲ このページの上に戻る