納骨堂.column

納骨堂や葬儀・仏壇に関する情報を掲載しております。「納骨堂とはどんなもの?」「何を基準で納骨堂を選ぶべき?」「永代供養墓、樹木葬(樹林墓地)、散骨とは?」「通夜・告別式のマナー?」「仏壇の種類?」など、皆様の疑問にお答えいたします。

column

お墓、仏壇の
税金について

お墓・仏壇の税金について

世間で“お墓に税金はかからない”といった噂を耳にすることもありますが、果たして本当なのでしょうか?
こちらではお墓の購入に関わる税金制度をまとめていますので、是非とも参考にしてください。

お墓の購入に消費税はかかるの?

墓石や仏壇の購入代金、墓石設置の工事料金には消費税がかかります。また、寺院や霊園に毎年支払う管理料についても税制上の課税対象です。

逆にお墓の土地にかかるお金は消費税非課税となります。墓地の土地区画は所有権を買い取るものではなく、土地の一区画に対する使用権を得るだけなので、通常の土地購入とは扱いが異なるのです。同じ理由で、墓地の土地には固定資産税、不動産取得税なども非課税となります。また、お墓に関連する物事としては、埋葬料、仮葬料なども消費税はかかりません。

お墓に関連するからといって、すべてのものが消費税非課税になるわけではありませんが、冠婚葬祭など文化的行事に関わる物品については、一定の優遇がされているのです。

お墓には相続税がかからないって本当?

お墓、仏壇などは祭祀財産と呼ばれる非課税財産なので、相続税が課されません。ただし、仏具であっても商品、骨董品として保有している場合は相続税がかかりますので、あくまでも葬儀や埋葬のために購入した場合の話です。

また、墓地の土地区画に関しても、使用権を保有しているだけで土地所有権を伴わないので、やはり相続税は不要。つまり、お墓に関する財産は基本的に相続税の対象外になっているということです。

こういった事情から、生前にお墓、仏壇を購入することは節税の観点からも有益と考えられています。死後に子供がお墓を買う場合、相続税が引かれた後の財産でお墓、仏壇を買うことになりますが、生前に購入しておけば、その分の相続税を無駄にしなくて済むわけです。

こういった葬儀、埋葬に関する物事には相続税、固定資産税などが必要ないので、他の物品に比べると節税対策としても有効といえます。

生前にお墓を買うのは縁起が悪いの?

中には“生前にお墓を買うと相続税が節約できるとしても、縁起が悪いから嫌だ”という考えの人もいるようです。しかし、安心してください。仏教では生きているうちに死後の供養を行うのを奨励しているのです。こういった生前の供養を“逆修”と呼び、功徳の高い行為とされています。

また、生前に建てたお墓を“寿陵”と呼んでおり、非常に縁起が良いとされているのです。実際、生前墓を建てた方は長寿をまっとうすることが多いとも言われています。

その他、仏教には輪廻転生の考え方があります。生前にお墓を建てることで“生まれ変わって新しい生を生きていく”という意味合いに通じるのも、縁起が良いとされる由縁かもしれません。

以上から、生前にお墓を買うことは、決して縁起の悪い行いではないのです。むしろ、元気なうちに自分の最後について考えておくことは、より良く生きることに繋がる価値のある行為といえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▲ このページの上に戻る