納骨堂.column

納骨堂や葬儀・仏壇に関する情報を掲載しております。「納骨堂とはどんなもの?」「何を基準で納骨堂を選ぶべき?」「永代供養墓、樹木葬(樹林墓地)、散骨とは?」「通夜・告別式のマナー?」「仏壇の種類?」など、皆様の疑問にお答えいたします。

column

事前に確認!納骨堂を利用する際の手続き

お墓・仏壇の税金について

納骨堂を利用する際の申込み手続きは、運営する機関や団体によって異なります。必要となるものや、実際の使用までの流れも異なることがあるので、まずはそれを確認しましょう。

納骨堂への申し込み手続き

納骨堂のニーズは年を追うごとに高まっています。後継者がいない、誰にも迷惑をかけたくないとの理由から、生前申込みする方も少なくないと言われていますが、利用するに当たっては当然申込み手続きをする必要があります。
この申し込み手続きですが、一つ注意しなくてはいけないことがあります。一口に納骨堂と言っても、運営する機関が行政なのか、宗教法人なのかによって申し込み時の手続き方法が変わってくることがあるのです。そのため、誰かから聞いた申込み手続きと実際の流れが違う、といったことも起こり得るので、充分注意しましょう。

自治体の納骨堂を使用する

近年では、寺院が営む納骨堂も随分増えてきましたが、自治体の運営する納骨堂も数多く存在します。自治体の運営する納骨堂を利用する際には、所定の手続きを踏む必要があり、手続きの方法や必要となるものも各自治体によって多少異なることもあります。使用手続きをするには、一度該当する自治体の公式ウェブサイトか、もしくは直接電話で問い合わせをしてみましょう。一般的には、本人の住民票や使用申請書、火葬許可証、印鑑などが必要となります。使用申請書は、多くの場合ウェブサイト上からダウンロードが可能です。

寺院の納骨堂の場合

寺院の場合、市や町が運営する納骨堂を使用する場合と申込みの手順や必要となるものが異なることが多いので、しっかりと確認するようにしましょう。また、事前に資料請求をすることが可能なケースも多いので、まずは資料を読んでみるのも良いでしょう。必要となるものは身分証明書や印鑑、必要となる料金、火葬、埋葬許可証が一般的です。生前予約する場合と、既に納めるお骨がある場合とで必要書類や手続きが異なることもあるので、資料や問い合わせで確認をとっておくようにしましょう。

申込みにあたっての注意点

納骨堂を申し込むにあたって、注意すべきポイントもいくつか存在します。
まず、その納骨堂が宗旨、宗派を問うかどうかを確認する必要があります。寺院に併設された納骨堂の場合、その宗派に属さない方のお骨は納めることができないこともあります。また、納骨堂によっては直接お骨の前でお参りができないこともありますから注意しましょう。花を供えたり、線香をあげたりするのは、他の方と一緒に使う参拝所であるケースもあるようです。

事前確認を怠らないこと

設備や永代供養料は納骨堂の申込み手続きをする上で重要な要素ですが、事前に確認すべきことを怠ってしまうと後々後悔することがでてきてしまうかもしれません。
自治体が運営する納骨堂であれ、寺院の納骨堂であれ、しっかりと事前確認は行うようにしましょう。資料請求が可能な納骨堂であれば、いくつか取り寄せてみるのも良いですし、自治体の納骨堂を利用するのであれば、窓口に足を運びしっかりと話を聞くようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▲ このページの上に戻る