納骨堂.column

納骨堂や葬儀・仏壇に関する情報を掲載しております。「納骨堂とはどんなもの?」「何を基準で納骨堂を選ぶべき?」「永代供養墓、樹木葬(樹林墓地)、散骨とは?」「通夜・告別式のマナー?」「仏壇の種類?」など、皆様の疑問にお答えいたします。

column

納骨堂を選ぶときの
宗旨・宗派について

納骨堂を選ぶときの宗旨・宗派について

納骨堂を選ぶときに優先させたいことは何でしょうか。?費用や場所、お参り方法、永代供養をしてくれるかなども大事ですが、宗旨・宗派、僧侶はどのような人なのかも確認する必要があります。 今回は納骨堂の宗旨・宗派についてご紹介します。

納骨堂の宗派は運営元によって違いがある

宗旨・宗派は、納骨堂の運営主体によって異なります。現在、納骨堂の運営は、寺院、民営、公営の3つが主流になっています。

寺院が運営する納骨堂は、寺院内に存在します。民営は、最近では民営霊園の中に設置されることが増えてきているようです。公営は都立霊園や市立霊園などに存在することが多く、各自治体によって運営されています。

それぞれの特徴と宗旨・宗派について見てみましょう。

・寺院の納骨堂
寺院の納骨堂を利用する場合でも、必ずしも檀家になる必要はないようです。また、宗旨・宗派を問われないところが多いといわれています。ただし、境内の法要等に関しましては、その寺院の住職が執り行う場合が多いようです。

・民営の納骨堂 基本的に経営主体は寺院で、運営は民間の会社が行っているというケースが多く、凝ったスタイルの納骨堂が多いことが特徴です。財団法人や社団法人などの公益性のある法人が運営している事もあります。民営の場合は、通常、宗旨・宗派は問われません。

・公営の納骨堂 自治体が運営しています。利用する場合、その自治体に住民票や本籍があることが条件になります。料金は格安ですが、生前購入ができないことや倍率が高いというデメリットがあるようです。通常、宗旨・宗派は問われません。

一定期間を過ぎた後

一定期間の供養、管理をされた後、お骨は一体どこへいってしまうのか、という疑問もあるでしょう。一定期間を過ぎたお骨は合祀墓と呼ばれるお墓に入れられます。こうすることで、無縁墓となるリスクを回避しているのです。

宗旨・宗派が違う場合は?

自分が過去に関係していた宗教や現在の宗旨・宗派が異なっていても、納骨堂は問題なく利用できます。戒名や法名などがあるかどうかも問われません。もちろん無宗教であっても問題ないようです。しかし、納骨堂によっては、過去の宗旨・宗派は問わないが、在来仏教のみという所があります。

民営、公営の納骨堂を購入する際、多くの場合では、法事や法要などの宗教儀礼についても義務はないとされています。宗教儀礼を希望する場合には、運営元が寺院であれば、執り行ってもらえるでしょう。

供養・法要は、寺院の宗旨・宗派で行われる

寺院の納骨堂は宗旨・宗派が問われないところが多いといわれていますが、寺院の納骨堂で供養や法要を行う際、その寺院の宗旨・宗派に沿って執り行われることが多いようですので、注意が必要です。

もし供養などを重視して納骨堂を選ぶ場合は、宗旨・宗派はもちろんのこと、実際に供養を行う僧侶の人柄なども確認しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▲ このページの上に戻る