納骨堂.column

納骨堂や葬儀・仏壇に関する情報を掲載しております。「納骨堂とはどんなもの?」「何を基準で納骨堂を選ぶべき?」「永代供養墓、樹木葬(樹林墓地)、散骨とは?」「通夜・告別式のマナー?」「仏壇の種類?」など、皆様の疑問にお答えいたします。

column

お墓から納骨堂へ
改葬する場合の手順

お墓から納骨堂へ改葬する場合の手順

改葬とは、お墓の引越しを意味し、一度納められた遺骨をほかの場所に移すことを指します。お墓を守る人がいないことやお墓が遠方にあってなかなかお参りできない人が利用する傾向にあるようです。

このお墓の引越しは、お墓からお墓に移す人もいますが、お墓から納骨堂への移す人が多いようです。今回はお墓から納骨堂への改葬手順についてご紹介します。

改葬時の納骨堂の選び方

お墓から納骨堂に改葬したい。そんなときは、まず移設先の納骨堂を探しましょう。

納骨堂を選ぶ基準はお参りに行きやすい立地条件から考えます。たくさんの人にお参りしてもらえると故人も嬉しいはずです。

気軽にお参りができる場所にあるか、交通の便は整っているか、お参りの日時に制限がないかなどを確認することが大事です。特に交通の便は重要です。最寄り駅やバス停、送迎はあるか、駐車場はあるかなどを確認しましょう。

さらにバリアフリーかどうかも大事なポイントです。エレベーターが完備されているか、スロープや手すりなどが各所にあるかなどをよく確認しておきましょう。

その他には、お参りの方法やお供えものができるかどうかなども重要なポイントです。

お墓から納骨堂への改葬手順について

納骨堂が決まったら、その納骨堂と契約して使用する権利を得ましょう。その後、現在のお墓のある寺院などに改葬する旨を伝えて、移転の了解を得ます。金額に決まりはありませんが、お布施として離檀料などを支払う場合もあるので確認しましょう。

改葬が確定したら、いくつか書類をやりとりする必要があります。契約した移設先の納骨堂から「受入証明書」を発行してもらいます。そして、現在のお墓のある住所を管轄する市区町村の役所から「改葬許可申請書」を受け取って、必要事項を記入しましょう。

この改葬許可申請書には、移設前のお墓の管理者にも記入してもらう箇所があります。

受入証明書と記入済みの改葬許可申請書を現在のお墓のある住所を管轄する市区町村の役所へ提出します。提出すると改葬許可証が発行されるので現在のお墓の管理者に提示し、遺骨を引き取ります。

遺骨の引き取りと納骨について

遺骨を引き取る際には、墓石に対して魂を抜く「御魂抜き」法要を行うことが通例になっています。住職にお経を読んでもらい、身内で供養しましょう。法要の後、必要に応じて墓石を撤去することになります。

その後、移設先の納骨堂に対して「改葬許可証」を提出し、今度は魂を入れる「開眼法要」を執り行い、納骨完了となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▲ このページの上に戻る