納骨堂.column

納骨堂や葬儀・仏壇に関する情報を掲載しております。「納骨堂とはどんなもの?」「何を基準で納骨堂を選ぶべき?」「永代供養墓、樹木葬(樹林墓地)、散骨とは?」「通夜・告別式のマナー?」「仏壇の種類?」など、皆様の疑問にお答えいたします。

column

納骨堂の選び方

納骨堂の選び方

納骨堂は遺骨を預ける施設のことで、墓石を購入して建てる従来のお墓とは異なるものです。納骨堂はその昔、お墓に遺骨を納めるまでの仮の安置所として存在していましたが、今は永代供養の場所としても利用されています。

最近では納骨堂にも色々なタイプのものがあり、選択肢が増えています。納骨堂を利用する場合、どのようなことを基準に選べばいいのかをチェックしていきましょう。

納骨堂の選び方

まず意識すべきは立地状況です。納骨堂の場合はお墓と違って都内でも比較的費用がかからずに利用ができるのがメリットです。
自宅から行きやすい場所にあるか、最寄り駅からの距離など立地条件を確認しましょう。

次に、費用やシステム、設備を考えましょう。納骨堂はさまざまな種類があり、システムや費用は、内容によって大きく変わります。トイレや休憩所などの設備内容に対し、利用料は見合っているかなど確認する必要があります。

また、実際にお参りをするときのことも考えて選ばなければなりません。多くの納骨堂では、線香や花などを供え、墓石に向かって拝むようなお参りできない場合があります。

実際に多いタイプは、共同の参拝所にお参りするというもので、遺骨を目の前にして拝むことは難しい場合が多いようです。お参り方法は、納骨堂によってかなり違いがあるので、選定の重要なポイントになるでしょう。
遺骨の収蔵方法について

納骨堂への遺骨の収蔵方法は、棚式・ロッカー式・仏壇式・機械式・お墓式など実に色々なスタイルがあります。お参り方法に密接に関わってくることなので、しっかりと確認しましょう。

・棚式
古くからある納骨堂で見られる棚式は、もっともシンプルな収蔵形式で棚に骨壺を置いて安置するものです。

・ロッカー式
ロッカー式は、その名の通りロッカーのように個別の収蔵庫が並べられ、そこに骨壺を安置します。公営や民営の納骨堂に多く見られる形式です。

・仏壇式
寺院納骨堂に多く見られる形式で、仏壇と同じように上段に位牌、下段に遺骨を納めるものです。本尊や焼香具、花入れ、燭台などが用意されており、お参りがしやすい形式といえます。

・機械式
専用のカードを使用してタッチパネルを操作し、お骨を参拝ルームへ移動します。最近増加傾向にある形式です。

・お墓式
お墓式は、納骨堂内部にお墓を建てます。線香や花などをお供えできるところが多く、一般の墓地と変わらないことが多いようです。一部、屋外型の墓石式もあります。

納骨堂は、こんな使用目的で選ばれる

納骨堂は、さまざまな目的での利用が考えられます。例えば、お墓を建てるまでに遺骨を一時的に預かってもらいたいときや継承者がいない時などです。

一般的にお墓を建てる際には継承者の存在が求められます。しかし現代では、少子化が進み、核家族や独身者が増えています。そのため、永代供養を行う納骨堂のニーズが高まっています。また、子どもたちにお墓を守る手間をかけさせたくないという思いから、納骨堂を選ぶ人も増えているようです。

納骨堂を選ぶ際には、安易に決めてしまわずに、お参り方法や使い勝手、運営元などをよく見極めるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▲ このページの上に戻る