納骨堂.column

納骨堂や葬儀・仏壇に関する情報を掲載しております。「納骨堂とはどんなもの?」「何を基準で納骨堂を選ぶべき?」「永代供養墓、樹木葬(樹林墓地)、散骨とは?」「通夜・告別式のマナー?」「仏壇の種類?」など、皆様の疑問にお答えいたします。

column

ロッカー式?機械式?
近代型の納骨堂とは

ロッカー型?機械式?近代型の納骨堂とは

納骨堂と一口に言っても様々なタイプが存在します。機械式やロッカー式など、それぞれの特徴やメリット、デメリットを知った上で申込みをすることが重要です。

タイプによる納骨堂の違い

一口に納骨堂と言っても、様々なタイプが存在します。また、従来のイメージでは少し重く暗いイメージのある納骨堂でしたが、現在では明るくて誰でも気軽に入れるよう設計された納骨堂も数多く存在します。
納骨堂を大きく分けると、仏壇式、ロッカー式、機械式、位牌式のように分けることができます。それぞれにメリットやデメリットが存在するので、利用を考えているのであれば長所も短所もしっかりと理解しておきましょう。ここでは、順番にそれぞれの納骨堂タイプについてご説明していこうと思います。

仏壇式とは

社仏壇式の納骨堂とは、簡単に説明すると複数の仏壇が同じ間隔で設置された納骨堂、ということになります。上段と下段に分かれていることが多く、上が仏壇となっており、下のスペースにお骨を納める空間が設けられており、見た目にも立派な納骨堂と言えるでしょう。それぞれが個別の壇となっており、使用できる空間が広く、家族で代々受け継いでいくことも可能というメリットがありますが、他のタイプの納骨堂と比較した場合、若干費用が高めのものが多いようです。また、宗派を問われることもやや多い傾向にあるようです。

ロッカー式とは

ロッカー式の納骨堂は、その名の通り一定スペースの壇がロッカーのように集合していることからこう呼ばれています。納骨堂とは思えないほど明るいデザインを取り入れていたりすることもあり、価格帯も様々です。一つ一つがしっかりと区分けされているので、大切なご家族のお骨を預けるにも安心ですし、使用スペースは専用の空間なので、お墓を所有しているのと同じような感覚で使用することができます。しかし、ロッカータイプの見た目のために、イメージで敬遠してしまう方もいるそうです。

機械式とは

現在増加傾向にあるのが、機械式の納骨堂です。申込み手続きをすると専用のカードが発行され、それを使用してタッチパネルを操作し、お骨を参拝ルームへ移動させます。最新のシステムを取り入れていることが多く、設備面でも充実していることが多いです。
参拝ルームには最初から生花が生けられていたり、焼香台がセットされていたりするので、何も持たずにお参りに訪れることができます。比較的新しい部類に入る納骨堂なので、施設自体が新しいことが多く、綺麗な環境の中でお参りすることが可能です。これといったデメリットは考えられませんが、強いていえばシステムに不具合が出た時はお参りすることができなくなることが考えられます。

位牌式とは

位牌式の納骨堂も一般的によく知られたタイプの納骨堂です。内仏様の周囲に位牌を配置するタイプで、お骨は別の場所に安置していることが多いです。他のタイプと比較して、やや費用は安価ですが、お骨を納めた骨壺に直接お参りできないことや、他の方と同じスペースに一緒に安置されるケースが殆どです。どのタイプを選ぶにしても、設備や料金、メリット、デメリットをしっかりと把握してから申し込み手続きを行うようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▲ このページの上に戻る