納骨堂.column

納骨堂や葬儀・仏壇に関する情報を掲載しております。「納骨堂とはどんなもの?」「何を基準で納骨堂を選ぶべき?」「永代供養墓、樹木葬(樹林墓地)、散骨とは?」「通夜・告別式のマナー?」「仏壇の種類?」など、皆様の疑問にお答えいたします。

column

葬儀から納骨堂へ
お骨を納める流れ

葬儀から納骨堂へお骨を納める流れて

一般的に、四十九日法要(百日法要)や一周忌法要の法要と合わせて納骨が行われます。
地域によっては、葬儀の直後に埋葬するところもありますが、納骨の時期については遺族が決めて問題ないといわれています。

納骨の方法には、墓地への納骨や納骨堂への永代供養、納骨堂への一時的な納骨などさまざまなパターンがあります。

今回は、葬儀を終えてから納骨堂に納骨するまでの一般的な流れをご紹介します。

墓地への納骨の時期と流れ

納骨の時期は、仏式の場合には初七日から四十九日、神式の場合には五十日祭までの十日ごとの霊祭の日から選ぶことが多いといわれています。まずは墓地への納骨について見てみましょう。

葬儀後は、遺骨をしばらく自宅に安置することが通例で、その後、墓地に納骨するという流れになります。墓地が遠い場所にある場合やすぐに納骨できるお墓がない場合は、寺院や霊園などの納骨堂に仮納骨を行う方法もあります。この場合には、一周忌か三回忌を目安に墓地へ正式に納骨することになります。

お墓への納骨の場合は、遺骨を墓石の下に骨壷ごと納めます。納骨の際には、納骨法要を執り行います。

葬儀後、骨を納める「納骨法要」について

納骨法要は簡易的な儀式で、故人の近親者や親しい友人、知人などの内輪で行われることが通例となっています。寺院の本堂にて法要が行われ、その後墓前でお経をあげてもらいます。

納骨堂に納骨をする場合には、寺院の本堂や法要室などで納骨法要が行われることが多いようですが、部屋の利用料がかかる場合とそうでない場合があるので事前に確認が必要です。納骨堂では室内に卒塔婆をたてることはむずかしいですが、寺院によっては敷地内の屋外に卒塔婆を立てられる場合があるようです。

納骨法要では、故人の好きだった花やお菓子、飲み物などのお供え物ができますので、準備しておきましょう。

納骨法要の一般的な流れとは?

お墓への納骨、納骨堂への納骨のいずれの場合でも、納骨法要は次のような流れで執り行われることが一般的です。

まず、遺族や親戚の参列のもと、僧侶の開眼法要経や納骨経をいただきながら遺骨を納めます。納骨する際には、お供えものを準備し、ろうそくや線香などをつけます。人によっては、遺影を準備することもあるようです。参列者にお焼香をしてもらい、最後に僧侶にお布施を渡すという流れになります。

納骨の際には、埋葬許可証が必要になるので、事前に準備しておきましょう。

納骨が終われば、参列者で会食を行います。場所は自宅、法要室、食事処、ホテルなどそれぞれです。御仏前のお返しとして、参列者に菓子折りなどを渡すことも通例となっています。マナーと流れをきちんと把握して対応してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▲ このページの上に戻る