納骨堂.column

納骨堂や葬儀・仏壇に関する情報を掲載しております。「納骨堂とはどんなもの?」「何を基準で納骨堂を選ぶべき?」「永代供養墓、樹木葬(樹林墓地)、散骨とは?」「通夜・告別式のマナー?」「仏壇の種類?」など、皆様の疑問にお答えいたします。

column

納骨堂と永代供養墓が選ばれる理由

納骨堂と永代供養墓が選ばれる理由

最近では、普通のお墓ではなく、納骨堂、永代供養墓を選択する方が増えているようです。そこで、こういった埋葬法がなぜ今選ばれるようになったのかを含め、内情を解説したいと思います。

納骨堂が選ばれる理由とは

室内に仏壇、ロッカーのようなスペースを設けて納骨する形式は、ある意味で集合住宅と同様のスタイルを持った墓所と言えます。ただ、土地を与えられていないとはいえ遺骨は個別に管理されていますから、遺骨が納められたブースの前まで赴いて墓参りをすることも可能。

納骨堂であれば、室内管理になりますから、家族がお墓の掃除をしたり、周囲の草むしりをする必要はありません。さらに土地代がかからず、墓石などを用意する必要性もなく、費用が大幅に抑えられるのも特徴です。

お墓参りはしたいけれど、頻繁にお墓の管理をしてあげることは出来ない…という忙しい現代人の生活習慣に適合した埋葬法と言えるでしょう。また、若いうちに両親が急逝して急遽お墓が必要になった場合、何らかの事情で家族とは別のお墓に入りたい場合などにも、納骨堂を選ぶ方が多いようです。

永代供養墓が選ばれる理由とは

屋外の墓所に遺骨を合祀し、寺院、霊園側がその後の供養をすべて行ってくれるのが永代供養墓です。
個別のお墓ではないので、家代々の墓を手に入れることはできませんが、近年、どんどん需要が増えてきています。

お墓の維持管理を行う必要がなく、仮に家族がまったくお墓参りに来られなくとも荒れてしまう恐れがないことが大きなメリット。さらに、合祀形式なので宗教、宗派を問わず誰でも埋葬してもらえるのも永代供養墓の特徴といえます。

近年、家族がなく自分のお墓を管理する子孫がいない方が、中高年の段階で自らの永代供養墓を用意するケースが増えてきました。少子高齢化が進んだこともあり、血縁関係の断絶、希薄化が珍しくなくなった現在、永代供養墓の需要はますます増えていくことでしょう。少し寂しい気もしますが、これも時代の要請なのかもしれません。

そのほか、何らかの事情で家族と別のお墓に入る方、どうしてもお墓にお金をかけられない方などにとっても、安価な永代供養墓は有力な選択肢となることでしょう。

納骨堂、永代供養墓に遺骨を移す方法は?

もし、今まで一般的なお墓に入れていた遺骨を納骨堂、永代供養墓に移したいのであれば、改葬許可証というものが必要です。まずは、今までのお墓が置かれている市町村役所に頼んで改葬許可申請書をもらうことになります。

その後、今までのお墓の管理者から改葬許可申請書に署名捺印をもらい、さらに新しい墓所の管理者に納骨許可書を受け取ってください。これらを受け取って、もう1度役所に行くと、改葬許可証が発行してもらえます。

ちなみに、永代供養墓などの合祀墓にいったん納骨してしまうと、そこから遺骨を還してもらうことは困難です。一般のお墓から合祀墓に移すことは可能ですが、その逆は不可能な場合が多いので、その点だけはご注意ください。

様々な事情を抱えた方のため、近年お墓のスタイルも変化してきました。納骨堂、永代供養墓という新しい選択肢も考えてみてはいかがですか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▲ このページの上に戻る