納骨堂.column

納骨堂や葬儀・仏壇に関する情報を掲載しております。「納骨堂とはどんなもの?」「何を基準で納骨堂を選ぶべき?」「永代供養墓、樹木葬(樹林墓地)、散骨とは?」「通夜・告別式のマナー?」「仏壇の種類?」など、皆様の疑問にお答えいたします。

column

納骨堂と永代供養墓は何が違うのか?

納骨堂と永代供養墓は何が違うのか

近年、納骨堂や永代供養墓と呼ばれる墓所が多くなってきていますが、これらの意味、違いをご存じの方はそれほど多くありません。そこで、こちらでは納骨堂、永代供養墓がどういったものなのかを解説します。

納骨堂って何?

納骨堂というのは、骨壺に入った遺骨を安置するための建造物を指す言葉です。要するに、通常のお墓のように屋外の墓石を用いるのではなく、建物の中で管理することになります。 仏壇が多数設置されていたり、ロッカー設備のようになっていたりと形式は多種多様ですが、お骨は個別管理。形式こそ簡略化されていますが、普通のお墓と同じようにお参りすることも可能です。

定められた期間が過ぎると、個別管理は終わり、合祀墓へと移動されるのが普通。ただ、それから先も寺院、霊園のルールに応じて供養してもらえます。個別に安置されている期間については管理費が必要になりますが、それほど高額ではありません。

納骨堂にも複数の種類があり、寺院納骨堂、民営、公営などに分かれています。大半は仏式ですが、民営、公営には神式、キリスト教式を用意している納骨堂も存在。また、納骨堂の場合には寺院納骨堂であっても、宗派による制限、檀家になる義務を課していないケースが多いです。制限が少なく安価な埋葬法として、納骨堂の人気が向上しているのも頷けますね。

永代供養墓ってどんなもの?

永代供養墓は、墓地の管理者が長期間にわたって供養を続けてくれるのが特徴の墓地です。ただし、基本的には全ての遺骨を同じお墓に入れる形式を採っており、個別の墓があるわけではありません。その代わり、管理費、維持費はかからず、最初に永代供養料を支払えば、それで長期間にわたる供養を行ってもらえます。

中には、一定期間だけ個別に埋葬してもらえる永代供養墓も存在しますが、この場合は個別管理期間の維持管理費が必要になるのが一般的。

寺院によって、毎年の祥月命日に法要を行う、彼岸と盆に合同供養を行うなど供養の方法も異なりますし、供養の頻度によって永代供養料も大きく変わってきます。

納骨堂と永代供養墓の違い

納骨堂、永代供養墓には様々なバリエーションがあるので一概には言えませんが、原則的な差異は存在しています。

室内で遺骨を個別管理し、年間の管理費用が必要になるのが納骨堂。多くの場合、納骨場所の権利を家で受け継いでいくことも可能です。初期費用の相場は、1人用で約50万円、夫婦用で約100万円、ここに管理費として年額5000~1万5000円が上乗せされていくことになります。

逆に屋外で遺骨を合祀し、最初の永代供養料さえ支払えば管理費用がかからないのが永代供養墓です。こちらは、個人の権利として扱われ、次の代まで埋葬の権利を受け継ぐことはできません。永代供養墓の相場は10万~100万と様々ですが、納骨の地の供養が簡略化されている墓所であれば、かなり安価に抑えることも可能でしょう。

個別に安置したい場合は納骨堂、安価に抑えたい場合は永代供養墓と考えてもいいかもしれません。ご自身と家族がお墓に何を望むのか、しっかりと比較検討してお選びになってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▲ このページの上に戻る