納骨堂.column

納骨堂や葬儀・仏壇に関する情報を掲載しております。「納骨堂とはどんなもの?」「何を基準で納骨堂を選ぶべき?」「永代供養墓、樹木葬(樹林墓地)、散骨とは?」「通夜・告別式のマナー?」「仏壇の種類?」など、皆様の疑問にお答えいたします。

column

お墓と納骨堂の違い

お墓と納骨堂の違い

納骨堂とお墓の違いを明確に理解している人は意外に少ないです。ここでは、お墓と納骨堂の違いやそれぞれのメリット、デメリットについてご説明したいと思います。

お墓とは

亡くなった方の遺骨を納め、お祀りするために建てるものが「お墓」と呼ばれます。お寺の共同墓地や、地方自治体が管理する墓地、民間霊園、公営霊園などがあり、命日や彼岸にはお墓参りに足を運びます。日本では古くから一つの家族に一つのお墓、という習慣がありましたが、現在ではその限りではありません。 墓石に使用される石材として最も多いのは、御影石と呼ばれる石で、硬くて美しいという特徴を持ちます。また、色合いによって白御影、青御影、桜御影といったように種類があります。御影石から造られた墓石を墓地に建て、そこに亡くなった方の遺骨を納めることになります。

納骨堂とは

「納骨堂」とは、その名の通り故人の遺骨を納めるお堂のことを指します。納骨殿、霊廟と呼ばれることもあります。通常は寺院の敷地内に建てられることが多いですが、自治体により建立されている納骨堂も存在します。納骨堂はいくつかのタイプがあり、ロッカーの中にお骨を納めるロッカー式や、仏壇の下段にお骨を納めることのできる仏壇式、室内に墓石を並べた室内墓地とも呼ばれる墓石式などがあります。また、機械式納骨堂なども存在し、幅広いニーズに応える施設が存在します。

お墓と納骨堂の違い

お墓と納骨堂の違いが分からない、という方も少なくありません。簡単にまとめると、お墓は遺骨を土中に納め、永遠に留め置く場所であり、納骨堂は一時的なお骨の保存、預け置く場所、という区別が基本になります。一般的にはこのような解釈、理解ができますが、実際にはお墓を立てるとなると土地や金銭的な問題も出てくるため、現在では納骨堂をお墓代わりとしている方も少なくありません。 また、お墓では土中にお骨を納めることとなりますが、納骨堂の場合は室内の棚やロッカーに納骨をします。大雑把にいうと、納骨堂では室内でお骨を保管することが多く、お墓は屋外であることが多い、ということになります。

それぞれのメリット、デメリット

墓地にお墓を建てた場合、いつでも好きな時にお参りへ行くことができます。故人が好きだった食べ物をお供え物として供えることもできますし、タバコやお酒が好きだった故人へたむけることも可能です。しかし、屋外に建てられたお墓は周りに雑草が生えることもありますし、掃除もしなくてはいけません。

納骨堂の場合は、お墓に比べ費用が安いことが挙げられます。
一般的にお墓にかかる費用は、永代使用料と墓石の購入で180万円前後であるのに対し、納骨堂では永代供養付きで30万円から80万円程度で使用できます。
(ただし納骨堂は、お墓のように購入するものではなく、金額を支払って一定の間の使用権を得るものである点にご注意ください。)
また、納骨堂は、基本的に屋内のスペースを使用して納骨を行う施設なので、定期的な掃除が必要ありませんし、天候に左右され易い屋外のお墓参りと違い、雨天でもお参りすることができます。
また、納骨堂によっては冷暖房が完備されていることもあるので、快適な環境の中、お参りができるということもメリットであると言えます。焼香台がセットされている納骨堂であれば、線香を持っていく必要もありませんし、すぐに焼香することができるため、とても便利ですね。
しかし、納骨堂の場合は参拝できる時間が決まっていたり、お供え物に制限があったりすることがあります。

長所短所をしっかりと把握すること

お墓を建てるか、納骨堂をお墓代わりとするかは意見の分かれるところでしょう。現実問題、お墓を建てるには土地も必要となりますし、費用も相当掛かってしまいます。そのため、コストの低い納骨堂を利用する方は、年を追うごとに増加傾向にあると言われています。しっかりと両方の長所短所を理解してから判断する必要があるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▲ このページの上に戻る