納骨堂.column

納骨堂や葬儀・仏壇に関する情報を掲載しております。「納骨堂とはどんなもの?」「何を基準で納骨堂を選ぶべき?」「永代供養墓、樹木葬(樹林墓地)、散骨とは?」「通夜・告別式のマナー?」「仏壇の種類?」など、皆様の疑問にお答えいたします。

column

新しい形の供養、
樹木葬、散骨

新しい形の供養、樹木葬、散骨

新しい供養の形として、樹木葬や散骨という方法が行われるようになりました。

現在ではお墓に埋葬することが一般的ですが、古来の日本には火葬後に海や山に亡骸を撒くことで、自然に還すという考え方があったようです。

お墓の習慣は明治時代以降につくられた慣習で、実はお墓の供養のほうが新しい方法といえます。今回は樹木葬や散骨について詳しくご紹介します。

樹木葬とは

樹木葬とは、文字通り、樹木を墓碑とする埋葬方法で、墓地として認可されている場所で行われています。日本初の樹木葬は1999年に岩手県一関市の栗駒山山ろくにある臨済宗大慈山祥雲寺の墓地で行われたといわれています。

樹木葬は、墓地として認可されているところでしか行うことができませんが、現在は対応している墓地が増えました。樹木葬の「木の下で眠ること」や「自然に還ること」が憧れの対象となっており、この方法を希望する人が増えています。また、親族の墓に入ることに抵抗がある、お墓の後継者がいないという場合にも選ばれているようです。

その他には、墓地や墓石に費用がかかりすぎることから、比較的費用のかからない樹木葬を選ぶケースがあるようです。従来のお墓と異なり、檀家になる必要がなく、宗旨・宗派を問わずに申し込みができる点もメリットといえます。

樹木葬の費用相場は、30万~50万円程度で、年間管理費は必要な場合と不要の場合があります。

散骨とは

散骨とは、火葬後の焼骨をさらに細かく粉末状にしてから海や空、山の中などに撒いて埋葬する方法です。さまざまな事情でお墓に入れない、入りたくないという人や死後は自然と一体化して眠りたいという人に選ばれています。遺骨を自然に還すことで、自然環境を大切にしていこうという観点もあるようです。

海への散骨する場合、船舶上やヘリコプターから遺骨を撒きます。山への散骨の場合は山に生えている自然の樹木などに粉末状の遺骨を撒きます。

その他には、宇宙に散骨するという一風変わった方法もあります。粉末状の遺骨をカプセルに入れて、NASAが打ち上げるロケットに乗せて人工衛星として周回させるというものです。いずれ地球の引力によって落下し、流れ星となって消滅するようです。

アメリカで実際に行われている埋葬方法で、年に1~2回打ち上げられています。国内でも宇宙への散骨プランを扱う業者が増えているので、決して手の届かない方法ではなさそうです。

散骨や樹木葬の良さはなんといっても人間が本来生まれた場所である自然に還ることができるところにあります。近年、「死んだらお墓に入る」という固定概念が薄れ、さまざまな埋葬方法が選ばれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▲ このページの上に戻る