納骨堂.column

納骨堂や葬儀・仏壇に関する情報を掲載しております。「納骨堂とはどんなもの?」「何を基準で納骨堂を選ぶべき?」「永代供養墓、樹木葬(樹林墓地)、散骨とは?」「通夜・告別式のマナー?」「仏壇の種類?」など、皆様の疑問にお答えいたします。

column

納骨堂や寺院への
納骨料について

納骨堂や寺院への納骨料に関して

お墓は墓石代だけでなく、運搬代、据え付け代などが掛かるため、費用が必要です。納骨堂は土地も墓石も必要としないため、一般的にお墓を建てるよりも安価で済むといわれています。しかし、安ければいいというわけではありません。

今回は納骨堂に納骨するときの費用についてご紹介します。

納骨堂に掛かる費用の内訳を知ろう~使用料・管理費

納骨堂を利用する場合、主に納骨堂の使用料と管理費がかかるといわれています。

使用料は、納骨堂を使用する料金で、お墓にある永代使用料と同じものです。

管理費は納骨堂維持費や寺護費などです。年間管理費として支払うことが多く、エレベーターや冷暖房などの設備を維持するための費用となります。

この他にも細かい諸費用が必要になりますので、十分に確認してください。

納骨堂への納骨時に掛かる費用

納骨式とは、納骨法要ともいわれるもので、一般的に、僧侶などの宗教者の同席のもとで遺骨をお墓に納める儀式をいいます。

僧侶に支払うお布施の相場は30,000~50,000円程度が一般的です。寺院墓地なら10,000~15,000円、お墓に魂を入れる開眼法要と納骨式をあわせて行う場合は、100、000円が相場といわれています。納骨式を執り行う場所によっては、施設使用料が別途掛かる場合があります。

また、施設によっては卒塔婆を立てられることがあり、1本につき3,000~5,000円程度の費用が掛かることを想定しておきましょう。

納骨式にかかわる雑費

納骨式後は、参列者で故人の供養のために食事の場を設けることが多く、人数分の食事代が必要になります。事前に人数の確認を行い、場所を予約しておきましょう。

参列してくださった方へお礼の品として菓子折りなどを配ることもが一般的なマナーです。故人の方が好きだった菓子折りやお茶などがよく選ばれます。この返礼品の費用相場は3,000円~5,000円程度だといわれています。家族のみの場合は必要ありません。

納骨作業をしてくれた人にも、謝礼(心付け)を包むこともマナーのひとつです。また、納骨式では、花やお供え物などを必要に応じて用意する必要があります。当日慌てないよう、あらかじめ計算しておくとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▲ このページの上に戻る