納骨堂.column

納骨堂や葬儀・仏壇に関する情報を掲載しております。「納骨堂とはどんなもの?」「何を基準で納骨堂を選ぶべき?」「永代供養墓、樹木葬(樹林墓地)、散骨とは?」「通夜・告別式のマナー?」「仏壇の種類?」など、皆様の疑問にお答えいたします。

column

身近で供養したい
納骨堂への分骨方法

身近で供養したい 納骨堂への分骨方法

最近は、火葬後に焼骨を複数に分けて墓地や納骨堂に埋葬する「分骨」を行う人が多いといわれています。理由としては、故人の遺骨をより身近なところに置いて供養したいという考えが増えているからだといわれています。

今回は、納骨堂への分骨方法やその流れ、注意点についてご紹介します。

納骨堂への分骨の方法と流れ

分骨を行うにはまず「分骨証明書」が必要になります。

お墓に埋葬した後、遺骨の一部を納骨堂へ分骨したい場合には、まず、納骨するための納骨堂を探し、使用権利を取得する必要があります。そして「分骨証明書」をお墓の管理者に発行してもらいます。

次に行うことは、遺骨の取り出しです。具体的にいうと、墓石を動かして遺骨を取り出し、分骨用の骨壺に入れる作業です。

その後、遺骨を納骨堂に納骨することになります。このとき、先の「分骨証明書」を納骨堂の管理者に提出します。「改葬」とは異なり、「分骨」には各自治体の許可が不要です。

火葬直後の分骨と埋蔵後の分骨の違い

納骨堂への分骨にあたって、火葬直後にすぐ分骨する方法と、お墓へ埋蔵後に分骨する方法では、手順が異なります。

・火葬直後に分骨する場合
この場合は火葬場に分骨を行う旨を伝え、「火葬証明書」を必要枚数発行してもらいます。これは「火葬許可証」でも問題ないといわれています。 火葬場で骨壷に分骨した後、納骨堂の使用権利を購入し、納骨堂に遺骨を納骨するという流れになります。先の「火葬証明書」を納骨堂の管理者に提出します。

・埋蔵後にお墓から遺骨を取り出して分骨する場合
この場合はまず、お墓の管理者に「分骨証明書」を発行してもらう必要があります。また、お墓に埋葬した後に分骨する場合は、先に納骨堂と契約しておく必要があります。この点も、火葬直後に分骨する場合と異なります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▲ このページの上に戻る