納骨堂.column

納骨堂や葬儀・仏壇に関する情報を掲載しております。「納骨堂とはどんなもの?」「何を基準で納骨堂を選ぶべき?」「永代供養墓、樹木葬(樹林墓地)、散骨とは?」「通夜・告別式のマナー?」「仏壇の種類?」など、皆様の疑問にお答えいたします。

column

香典返しの方法、
マナー

香典返しの方法、マナー

香典返しは、故人に対する弔事を滞りなく終えたご挨拶と、お礼の気持ちを込めて行われる習慣です。
地域や宗教によって香典返しマナーには若干の違いはありますが、仏式であれば四十九日の忌明けをもって弔問者の手元に届くようにします。
返礼の時期や予算など、香典返しのマナーについてご紹介します。

香典返しの時期

香典返しは弔問していただいた方々へのお礼の意味で、忌明けに品物を贈る風習です。
仏式の場合、忌明けは四十九日法要とされており、その日に合わせて香典返しの品が届くようにするのがマナーです。香典返しには、無事に四十九日の法要を済ませて忌明けを迎えたことへのご報告を挨拶状にして品物に添えて送ります。 神式では50日祭とも呼ばれる霊前祭を忌明けとしています。
キリスト教式ではもともと香典返しの風習はありませんが、日本の香典返しの習慣に従って、葬儀から1ヶ月程度後に行う追悼ミサや昇天記念会に記念品を贈る場合もあります。

香典返しと予算

忌明けが近づいたら、お通夜や告別式の弔問客に記帳してもらった芳名帳をもとに、香典返しの送り先を確かめます。氏名や住所のほか電話番号は宅配業者の伝票に記入しなければなりませんので間違いがないか確認しましょう。とくに郵便番号が抜けていることがありますので、郵便番号簿で補足しておきます。
芳名帳にはいただいたお香典の額も記載しています。香典返しは半返し、とよくいわれますが、香典額によってある程度品物のランクを分類します。
ただし、品物の予算は香典額だけでなく故人との関係の深さによっても変わってきますので、一律に考えるべきではありません。

香典返しの品物選び

社かつて香典返しというとタオルやお茶、砂糖などが一般的でしたが、時代の流れとともにカタログギフトを選ばれる方も増えています。こちらで送り先に合わせて品物選びに悩む必要もなく、値段も一律なので贈る方も贈られる方も使い勝手の良い方法です。
ご近所や縁の遠いご弔問者には葬儀会社が用意したお茶やタオル、ハンカチなどのちょっとした品物を贈ることも多くなっています。 お香典の額に合わせて選んでいくと、思った以上に金額がふくらむことの多い香典返しですが、あまり無理をせず予算に合わせて選ぶことも大切です。

挨拶状

香典返しの品には挨拶状をつけます。四十九日法要の日時や戒名などを明記して、お礼の挨拶を文面にしたためます。
挨拶状は一人一人手書きとするのが理想ですが、現代ではギフト専門店が印刷したものを添えるのが一般的です。

香典返しは故人の法要が滞りなく終わり、忌明けを迎えたことを知らせるご挨拶として大切な習慣です。
予算と照らし合わせながら香典額に応じて、お礼の気持ちを伝えましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▲ このページの上に戻る