納骨堂.column

納骨堂や葬儀・仏壇に関する情報を掲載しております。「納骨堂とはどんなもの?」「何を基準で納骨堂を選ぶべき?」「永代供養墓、樹木葬(樹林墓地)、散骨とは?」「通夜・告別式のマナー?」「仏壇の種類?」など、皆様の疑問にお答えいたします。

column

お通夜と告別式の
マナーについて

お通夜と告別式のマナーについて

大切なご家族を失った知らせを受けて参列するお通夜や告別式には、守るべきマナーがあります。
故人や遺族に失礼のないような服装や言葉遣い、所作をすることは故人の霊を慰めるためにも大変重要なことです。
知っているようで知らないお通夜や告別式のマナーについてもう一度確認しましょう。

服装について

お通夜であればご縁が遠い人なら地味目な普段着で問題ありません。仕事を終えて参列する人も多いため、ビジネススーツやジャケット、ワイシャツ姿のままのお通夜もよく見かけます。
告別式では原則として喪服が望ましいといえます。白のワイシャツ以外はスーツ、ネクタイ、靴下、靴すべて黒で統一します。
もし喪服を持っていない場合でも、暗い色のスーツに黒ネクタイは最低限のマナーです。
女性であればスーツや靴は男性同様黒にし、派手なメイクやアクセサリーは控えます。 真珠のアクセサリーは着用可能とされていますが、あくまでも「可能」であるだけなので、基本的にアクセサリーは控えるようにしましょう。

お通夜でのマナー

葬儀会社の斎場で行われるお通夜ではまず受付で、「この度はご愁傷様でございました。心よりお悔やみ申し上げます」というお悔やみの言葉とともに、ふくさから香典を取り出して渡し、記帳を済ませます。
宗派や地域の習わしなどによって詳細は異なりますが、ご焼香が始まりましたら、まず焼香台の前でご遺族と僧侶の方に一礼し、遺影に向かって一礼しましょう。
その後合掌し、右手の親指と人差し指、中指で抹香をつまみ、目の高さまで持ち上げます。持ち上げた抹香は静かに香炉の中へ落とし、再び合掌・一礼し、遺族に一礼したら静かに戻りましょう。

通夜ぶるまい(お清め)はいただくのがマナー?

式が終われば通夜ぶるまい(お清め)といってお酒や食事をいただきながら参列者と故人の思い出を語ります。この通夜ぶるまい(お清め)ですが、故人の供養の意味合いが込められていますので、ご遺族の方にすすめられた場合は、よほどのことがない限りは少しでもいただくようにしましょう。
故人の思い出話が中心になりますが、ご臨終の際の様子を細かく聞くことはご法度ですので注意しましょう。また当然ですが、供養の席なので大声で話したり笑ったりすることは避けましょう。
喪主やご遺族の方は葬儀の準備などでお忙しいはずなので、あまり長居はせずに頃合いを見て切り上げるようにします。「本日はこれで失礼いたします」とご挨拶して、退席するようにしましょう。

告別式でのマナー

お通夜で告別式の時間を聞いたら、開始時間の10分前には到着をして受付をします。
受付や会場内でご遺族を見かけたら、お通夜と同じように「この度はご愁傷様でございます」とお悔やみの言葉を伝えます。お香典は受付で渡し、芳名帳に住所や氏名、故人との関係を記帳します。その後はすみやかに会場の席で静かに開始を待ちます。
告別式の後、火葬場まで向かうのはご遺族や親戚・故人と親しかった友人などです。

お通夜や告別式でとくに大切なのが弔いの気持ちを表すことです。
服装や振る舞いなどのマナーに気を配ることも大切ですが、喪主やご遺族の方々に失礼のないように故人を送り出すようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▲ このページの上に戻る