納骨堂.column

納骨堂や葬儀・仏壇に関する情報を掲載しております。「納骨堂とはどんなもの?」「何を基準で納骨堂を選ぶべき?」「永代供養墓、樹木葬(樹林墓地)、散骨とは?」「通夜・告別式のマナー?」「仏壇の種類?」など、皆様の疑問にお答えいたします。

column

葬儀のときの香典袋
書き方、選び方

葬儀の時の香典袋書き方、選び方

香典袋の書き方や選び方、お金の入れ方にはマナーがあります。葬儀の形式が宗旨によって異なるように、香典袋の書き方や選び方も宗旨によって異なる場合があるので、訃報を受けた際には、宗旨を尋ねておくとスムーズです。

今回は、香典袋の書き方やお金の入れ方、選び方についてご紹介します。マナー違反にならないよう確認しておきましょう。

香典とは何か

香典とは、線香や抹香、花の代わりに死者の霊前に供えるものを指します。水引きを結んだ袋、すなわち香典袋に現金を包んで渡します。

訃報を受けたら、通夜や葬儀のいずれかに持参することが通例となっていますが、宗教上のしきたりや地方によって異なる場合があります。どのように対応すればよいか、事前に確認しておきましょう。

また、通夜や告別式にどうしても出席できない場合は、メッセージと共に香典を現金書留で郵送するとよいでしょう。

包む金額に決まりはありませんが、故人や遺族との付き合いの程度や自分の年齢、立場によって異なります。相場は5,000円~10,000円程度だといわれています。
葬儀に持参する香典袋の書き方

香典袋の書き方にはマナーがあります。上段には「御霊前」「御香料」「御仏前」などと書き、下段には、自分のフルネームや夫婦の名前、会社名、肩書きなどを書きます。

基本的には、水引きのついた香典袋に薄墨で書きます。薄墨には、「涙でにじんでしまった」という意味がこめられています。
正式には毛筆で書くものですが、筆ペンでも問題ありません。文字は楷書で書きましょう。

「御霊前」は全ての宗教・宗旨で使用できますが、「御仏前」や「御香料」は浄土真宗の場合のみ使用できます。

なお、「御霊前」は通夜から三十五日の法要までに限るといわれています。四十九日の法要からは、故人が仏になっていることから「御仏前」を使うことが一般的です。

香典袋のお金の入れ方

香典袋にお金を入れる際は、中包みの紙を開いてその中央に入れるようにします。お札を裏返して入れるとよいといわれています。

他にも、お札は新札ではなく、折り目の入ったものを包む、金額は4と9を避けるなどのマナーがあります。

香典袋の選び方

香典袋の選定にも気を遣いたいものです。市販されているものは、水引きが印刷されたものから豪華な水引きがついているもあり、種類は豊富です。

5,000円程度の金額を入れる場合には、水引きが印刷されているシンプルなものを選び、10,000円以上の場合は、水引きの飾りがついているものを選ぶとよいでしょう。

また、蓮の花が印刷されたものは仏式ですので、神式やキリスト教式にはふさわしくありません。気をつけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▲ このページの上に戻る