納骨堂.column

納骨堂や葬儀・仏壇に関する情報を掲載しております。「納骨堂とはどんなもの?」「何を基準で納骨堂を選ぶべき?」「永代供養墓、樹木葬(樹林墓地)、散骨とは?」「通夜・告別式のマナー?」「仏壇の種類?」など、皆様の疑問にお答えいたします。

column

こんなにあります!
葬儀の種類

こんなにあります!葬儀の種類

ひとくちに葬儀といっても、葬儀の種類には様々なものがあります。こちらでは、それぞれの葬儀を解説していますので、「自分の葬儀をどのように執り行って欲しいか」について、1度考えてみてはいかがでしょうか。

一般葬とは

日本で一般葬と表現する場合、親族と友人、関係者などで行う仏式葬のことを示します。日本人の90%が、少なくとも形の上では仏教徒になっています。自分の家が檀家となっている菩提寺から僧侶を招き、読経を行って故人を見送るのが仏式葬の特徴です。

もし、菩提寺が遠方であれば、宗派が同じ別の僧侶を菩提寺から紹介して頂くことになります。ただし、この場合でも、必ず戒名は菩提寺から頂くのが常識とされているので注意してください。

もし、菩提寺がないけれど仏式葬を行いたいのであれば、実家の宗派を調べて、葬儀屋さんに同じ宗派の僧侶を紹介してもらえないか頼んでみてください。

社葬とは

社葬は、大企業の社長、幹部などが亡くなった場合に行われる葬儀です。この場合、会社と遺族が協力して、大規模な葬儀を執り行うことになります。

単に個人の死を悼むだけでなく、企業の結束を高める社会的儀式としての側面を持つのが特徴です。参列者が非常に多くなりますが、喪主を遺族が、施主を会社が分担するので、葬儀の運営そのものはスムーズに進むでしょう。

家族葬とは

家族葬というのは、家族、親族などの近親者だけで執り行う方法です。親しい人だけで故人を偲ぶ形式といえます。社交辞令的な参列者がいないので、ただ故人との別れを偲び、親族間で密な交流を図ることが可能なのです。

ただ、友人、会社関係者などにきちんと「個人の希望により葬儀は近親者のみで執り行います」という旨を伝達しておかないと、あらぬ誤解を招くこともありますので注意してください。

直葬とは

直葬というのは、葬儀をせずに火葬だけを行う方法。近親者、関係者は火葬場で故人とお別れをします。

昔は身寄りのない人、経済的困窮者だけがやむなく行う形式と考えられていましたが、最近はより多くの方が直葬を選ぶようになってきました。故人が生前に“家族に経済負担をかけたくない”と意思表示していた場合などには、ごく普通の家庭でも直葬を行うことがあるのです。

ただ、葬儀に呼ばれなかったと誤解する関係者がいないように、事前に「本人の希望により葬儀は行わない」という旨を伝達しておくのを忘れないようにしてください。

密葬とは

密葬というのは、近親者、ごく親しかった友人などの限られた人物だけで執り行う葬儀のことです。家族葬と似ていますが、密葬の場合、後から友人や会社関係の方々を招いて、別個にお別れ会を実施することもあります。ただ、近年は密葬と家族葬の境界が曖昧になっており、ほぼ似たような意味と捉えていても問題ないでしょう。

お別れ会・偲ぶ会とは

著名人が亡くなった時などには、近親者だけで葬儀を行った後、改めてお別れ会を開催することがあります。葬儀はしめやかに行いたいが、関係者と最後のお別れをする機会を設けてあげたいというケースで開催されるものとお考えください。

自由葬

自由葬というのは宗教的儀式を伴わず、遺族と葬儀社が一切を決定する形式です。故人が好きだった楽曲を流す音楽葬、生きているうちに自身の葬儀を行う生前葬など、あらゆる形態の葬儀を執り行うことが可能。1990年以降、こういった自由度の高い葬儀を選択する方が徐々に増えてきました。

出席者に誰を呼ぶかによって葬儀の規模も種類も変わってきます。様々な葬儀の種類がありますので、見送る側の事情に合わせた葬儀を選んでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▲ このページの上に戻る