納骨堂.column

納骨堂や葬儀・仏壇に関する情報を掲載しております。「納骨堂とはどんなもの?」「何を基準で納骨堂を選ぶべき?」「永代供養墓、樹木葬(樹林墓地)、散骨とは?」「通夜・告別式のマナー?」「仏壇の種類?」など、皆様の疑問にお答えいたします。

column

お通夜とお葬式の
ときのお花(生花)
について

お通夜とお葬式のときのお花(生花)について

故人の遺徳を称え感謝の意味を込めて、お通夜やお葬式では祭壇を中心にたくさんのお花をお供えします。菊やしきみを選ぶことが多いのが特徴です。
お花にはお供えするタイミングや場所によって、枕花や供花、花輪など名称や種類が異なります。生花、つまり生きた花を飾ることによって祭壇を寂しくないようにする効果もあります。
お通夜やお葬式にお供えする花の種類や、お供えする時のマナーについてご紹介します。

お通夜やお葬式のお花の種類

葬儀で使われるお花には飾る場所によっていくつかの種類があります。
まず、故人の枕元には枕飾りのお花やしきみとは別に、寂しくないように生花をお通夜の前から飾っておきます。これを一般に枕花といいます。
また、お通夜からお葬式を通して祭壇にお供えするのが供花です。供養の気持ちを込めて祭壇に供えるようにします。 お葬式の前日、お通夜までには飾りを終えているようにします。地域や会場によっては花輪を飾ることもあり、花輪は会場内ではなく葬儀場や自宅の外に設置します。
また、供花スタンド、フラワースタンドなどといわれるスタンド式のお花も祭壇近くに飾ることがあります。

枕花について

お通夜の前からご遺体の周りに飾る枕花は、親戚などごく親しい人たちが故人または連名で手配をして贈ります。白一色の花を供えるのが一般的で、飾る手間をかけさせないバスケットに入れるタイプなどもあります。訃報を聞いて手配をしますが、お通夜の前には届くようにお花屋さんに枕花を依頼します。
花の種類はユリやカーネーション、蘭などが一般的で、派手な色は避けましょう。よくわからなければお花屋さんに枕花としてお任せするとよいでしょう。 枕花はお葬式が終わったあともしばらくそのまま飾っておき、水が減っていないか、枯れた花や葉などがないか配慮するようにしましょう。

供花について

供花はお通夜やお葬式の会場にご親戚や親しい間柄だった人が贈ります。よく祭壇の近くに「親戚一同」や「友人一同」として供えられているのが供花で、祭壇が寂しくないようにご親戚同士で花の種類やボリュームを相談して手配するようにします。
遠方でお葬式には駆けつけられないという人がお香典と別で弔意を示すために贈ることもあります。
葬儀会場では供花スタンドで供えられることが多く、供花が複数届いた場合は、祭壇に近い方から故人とご縁の深い順番で並べていきます。順番の手配が難しい場合は葬儀会社のスタッフに相談し、バランスよく飾ってもらいましょう。

生きたお花をお通夜やお葬式に贈ることは故人の霊を慰めるだけでなく、ご遺族の気持ちを少しでも和らげようとする心遣いです。
派手な色のお花ではなく白や紫といった場にふさわしいお花でまとめるようお花屋さんに手配するように心がけましょう。
会場に届くタイミングも大切なので、枕花はお通夜の前に、供花もお通夜やお葬式の前に届いて飾られているようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▲ このページの上に戻る