納骨堂.column

納骨堂や葬儀・仏壇に関する情報を掲載しております。「納骨堂とはどんなもの?」「何を基準で納骨堂を選ぶべき?」「永代供養墓、樹木葬(樹林墓地)、散骨とは?」「通夜・告別式のマナー?」「仏壇の種類?」など、皆様の疑問にお答えいたします。

column

お通夜、告別式での
服装、仏具について

お通夜、告別式での服装、仏具に関して

お通夜や告別式で着用する服装も時代によって変化しています。
黒でフォーマルに統一することに変わりありませんが、大人としていつ訃報が届いても対応できるように揃えておくことが大事です。
また仏式が大半である日本のお葬式では喪服と合わせてお悔やみごとの際に用いる仏具も必要です。恥ずかしくない服装、マナーで故人のお見送りができるよう、お通夜、告別式での服装や、仏具に関するポイントをご紹介します。

女性の喪服のポイント

本来であれば黒の五つ紋付きが正式な喪服ですが、現在では喪主や遺族でも黒のフォーマルスーツやワンピース、または和装とすることが多くなっています。
スカートはひざ下丈のものを着用し、ボタンなどの光る部分を布で巻いて隠してあり、季節に関係なく長袖であるのが基本です。 髪型や化粧は控えめにして、ロングヘアの女性はまとめます。
アクセサリーは、結婚指輪以外は付けないのが原則ですが、つける場合は真珠の一連ネックレスや真珠の一粒イヤリングを選びます。 靴やバッグも布製の黒のものが正式なものとされています。

男性の喪服のポイント

黒紋付きの羽織袴であるのが本来の喪服ですが、ほとんどの男性がいわゆる礼服といったブラックスーツを着用します。
男性も髪型はまじめな印象に整え、結婚指輪や腕時計以外のアクセサリーは身につけないようにし、靴やベルトも黒に統一しましょう。 ワイシャツは白とし、黒ネクタイをつけますがタイピンなどのアクセサリーはつけないようにしましょう。
男性の場合汗をかきやすいこともあり、ブラックスーツは秋冬用と別に夏用のものを用意することをおすすめします。

子供や学生の喪服のポイント

幼稚園や小学生で制服のある学校ならそれを着させることをおすすめします。
中学生や高校生に関しても学生服がおすすめですが、制服がない学校であれば黒や紺の地味目の平服を着させるようにしましょう。
遺族の中に子供がいる場合は、葬儀会社に相談すると子供用の喪服をレンタルしてもらえることもあります。子供の場合、派手なものでなければ普段着でも問題はないでしょう。

用意しておく仏具

仏式の葬儀で用意しておきたいのが数珠です。本来は仏様を拝礼するために使用する仏具ですが、お通夜やお葬式では喪服と合わせて持って行くべきものです。
男性用と女性用では大きさや材質に違いが見られ、男性は玉が大きめで、木でできているものが一般的です。女性は玉が小さめで水晶やヒスイなど、様々な材質から作られているものであることが多いようです。

訃報が届いた時に焦らないよう、喪服を持っておくことは弔問マナーの基本です。
故人の尊厳や遺族に対する思いやりを表現するためにも、弔問マナーをしっかりと身に着けておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▲ このページの上に戻る