納骨堂.column

納骨堂や葬儀・仏壇に関する情報を掲載しております。「納骨堂とはどんなもの?」「何を基準で納骨堂を選ぶべき?」「永代供養墓、樹木葬(樹林墓地)、散骨とは?」「通夜・告別式のマナー?」「仏壇の種類?」など、皆様の疑問にお答えいたします。

column

代表的な仏具の種類とそれぞれの用途

代表的な仏具の種類とそれぞれの用途

仏壇には、さまざまな種類の仏具が配置されています。それぞれどんな用途があるのでしょうか。今回は仏壇に必要な仏具について解説します。

本尊と位牌ってそれぞれどんなもの?

本尊は仏壇の中心となるものであり、その仏壇に祀られている仏様のことです。阿弥陀如来、釈迦如来、大日如来など宗派によって本尊は異なり、仏像である場合と掛け軸である場合とがあります。また同じ仏像でも木彫のものもあれば、鋳造のものもあります。通常は仏壇店で購入し、菩提寺の住職に魂入れを依頼します。本尊は須弥壇(しゅみだん)の上に安置し、さらに本格的な仏壇では、本尊の両脇に脇掛という掛け軸を配置することもあります。位牌は、それとは全く別のものです。位牌は亡くなった人の死者の戒名、法名を記した木牌のことで、故人そのものを表します。亡くなって当初は野辺送り(埋葬・火葬場へのお見送り)に用いられる簡素な白木の位牌が作られ、四十九日までに本位牌に作り変えます。本位牌もほとんどは木製で、漆を塗って金箔や金粉などで加飾した塗位牌や、黒檀や紫檀などで作られた唐木位牌などがあります。位牌は本尊よりも大きくならないようにし、また先祖の位牌がすでにあるときには、それよりも小さいものを用意するといった決まりがあります。安置する場所も、本尊よりも下の段の脇を選びます。また、浄土真宗のように原則として位牌は用いず、代わりに過去帳や法名軸という軸を使う宗派もあります。

礼拝に必要な仏具にはどんなものがある?

過去帳は、浄土真宗以外にも用意することがあります。位牌が故人の魂が込められたものであるのに対して、過去帳はその家の系譜を記したものです。亡くなった人の戒名、没年月日、俗名、行年(享年)などを記入し、過去帳台や見台と呼ばれる台に載せて仏壇に配置します。仏壇の前には、経机を置きます。経机は礼拝のための小さな机です。その上には香炉、線香差し、鈴(りん)、ろうそく立て、経本などを載せます。経机には経本や数珠、線香、ろうそくなどをしまっておける引き出しが付いていることもあります。また、木魚一式を置くときは、経机の右脇に配置します。なお、宗派によってはろうそく立ては仏壇の別の段に飾ったり、玉香炉を香炉とは別に置いたりすることもあります。

宗派によってそのほかの仏具も

ほかには、食べ物や飲み物をお供えするための仏具があります。仏飯器と茶湯器は、それぞれご飯とお茶を供えるための器です。高月は、お菓子や果物を供える脚付きの台。法要や彼岸、盆などには仏膳と呼ばれるお供え用の一式セットを用意することもあります。さらに、宗派によって生花を飾るための花瓶、蓮の花をかたどった金れんげなども用意します。以上、仏具は基本的には共通するものが多いものの、宗派によって必要なものと配置の仕方が違ってきます。また、本式の飾り方と、略式の飾り方が存在します。したがって、新しく仏壇を購入する際は仏具について仏壇店・仏具店とよく相談しながら、必要なものをそろえていく必要があります。

仏壇を舞台とすれば、仏具は舞台の上の登場人物たちのようなものです。仏壇は仏具が揃っていて、初めて仏壇として成り立つのです。仏具を選ぶときは、仏壇と同様の関心と注意深さを持って当たるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▲ このページの上に戻る