納骨堂.column

納骨堂や葬儀・仏壇に関する情報を掲載しております。「納骨堂とはどんなもの?」「何を基準で納骨堂を選ぶべき?」「永代供養墓、樹木葬(樹林墓地)、散骨とは?」「通夜・告別式のマナー?」「仏壇の種類?」など、皆様の疑問にお答えいたします。

column

仏壇の選び方

仏壇の選び方

仏壇の購入は、ほかの商品を買うときとは勝手が違うことも多く、戸惑うもの。とくにこれまで仏壇とあまり縁がなかった人にとっては、わからないことも多いのではないでしょうか。そこで今回は、仏壇を選ぶときに留意すべきポイントについてご紹介します。

仏壇はいつ購入するもの?

結論から言うと、仏壇を購入するのにいつが良いという時期はとくにありません。仏壇は本来、本尊(仏や菩薩像など)を祀るための、いわば「家の中の小さなお寺」です。つまり、家の中で仏様に手を合わせるための場所(もの)が欲しいと感じたときに買うものなのです。
ただし、購入のキッカケは人それぞれです。すでに家に仏壇があるなら、仏壇が古くなって買い替えを考えることもあるでしょう。あるいは家を建てる際や引っ越しの際に購入を考える人もいます。

もともと仏壇がなかったという家では、身内の不幸があったときに考えるケースもあります。そのときは四十九日の法要までに購入して、仏壇に位牌を安置できるようにするか、一周忌までに用意する人が多いようです。

仏壇・仏間はどこに設置する?

昔の家には、仏間と呼ばれるものがありました。昔ながらの日本家屋では冠婚葬祭のときに縁側の戸を開け放って人々が出入りする場所としていたため、縁側近くの畳の間に仏間が設けられていたのです。
現在でも、玄関近くの客間と仏間を兼用にするといった形でその習慣は残っています。仏間がない家では、押入れやクローゼットを仏間に改装することもあるようです。あるいは、床の間に仏壇を置いてもいいでしょう。床の間は、もともと歴史的に仏を祀る場所であったとも言われています。

ほかには、リビングに仏壇を置く人もいます。とくに和室がない今風の家では、これも選択肢のひとつ。逆に、あまり奥まった納戸のような場所に仏壇を置くのはあまり良くありません。毎日供養の気持ちを持ってお参りできるよう、仏壇は普段からある程度人の出入りがあり、家族の目が行き届く場所に設置するのが基本です。

宗派で仏壇の違いってあるの?

仏壇には、大きく分けて金仏壇と唐木仏壇の2種類があります。浄土真宗では、伝統的に金仏壇を用意します。ほかの宗派では、金仏壇でも唐木仏壇でもどちらも選ぶことができます。
一方、仏壇に置く本尊や仏具は、宗派によってかなり違いがあります。本尊であれば、浄土宗は阿弥陀如来、真言宗は大日如来、曹洞宗は釈迦如来です。仏具のレイアウトの仕方も、異なってきます。宗派についてはわからなければ親戚やお寺に確認し、本尊や仏具に関しては仏壇店・仏具店で相談してみましょう。
なお、本格的で伝統的な仏壇の多くは手作りです。価格は木の材質と職人の技術や意匠によって変わります。中心価格帯は10~20万円と、40~50万円にピークがあり、高いものでは100万円、200万円クラスのものもあります。

フローリングのリビングに合う仏壇は?

本格的な仏壇のほかに、家具調仏壇、現代仏壇と呼ばれる仏壇もあります。洋風の家やマンションに暮らす人などは、これらからライフスタイルに合ったデザインの仏壇を選ぶのがおすすめです。最近は和モダンなもの、インテリア性の高いもの、コンパクトにまとめられたものなど、さまざまなタイプの仏壇が多数あります。フローリングのリビングに合う仏壇も、比較的簡単に見つけることができるはずです。

実はお店選びが重要!

仏壇を購入するときは、以上のようなポイントを踏まえつつ選ぶことになりますが、最も大切なことは信頼できる仏壇店・仏具店を見つけること。設置場所や宗派についても相談してみて、きちんとしたアドバイスがもらえるお店であることを見極めるようにしましょう。
アフターサービスがあるかどうかも決め手になります。仏壇は家電製品などと同様にメーカーの保証が付いていることが多いのですが、販売店でも独自の保証を設けている場合があります。また、傷がついたり劣化した場合の修理やリフォームに応じてくれるかも確認しましょう。古い仏壇がある場合には、無料引き取りなどのサービスが利用できることもあります。

仏壇は決して安い買い物ではありません。また宗教や先祖、家族に関わる重要なものでもあります。できるだけ慎重に吟味して、納得のいくものを選ぶようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▲ このページの上に戻る